龍谷大学法学部 法政アクティブリサーチ

龍谷大学法学部
法学部日記

法政アクティブリサーチ・牛尾クラス

国・各自治体の地域資源を活かした環境政策、地域づくりを考える
~重要文化的景観・世界遺産などの視覚から~

牛尾クラス

日本各地では、過疎・高齢化の進行に伴い、担い手問題や空き家・耕作放棄地問題、環境悪化や生態系の変化、災害の危険などが指摘され、国・自治体では、「地方創生」の旗の下、地域や自治体の自律的な運営を可能にするべく、様々な取り組みが行われているが、地域によっては法的紛争も生じている。

このテーマでは、自然資源(森林や水資源)や歴史的・文化的資源の重要性に立ち返り、地域の独自性を見直し、次世代に受け継ぐべき持続可能な地域社会を構築するべく、近畿圏及び全国の重要文化的景観や世界遺産・日本遺産認定に向けた地域を巻き込んだ施策を調査・検討する。具体的には、景観計画策定などの具体的なプロセスを素材に、各市町の独自の景観条例や環境保護条例、都市計画法、景観法、文化財保護法等による土地の空間的コントロールに着目し、地域と法律・条例との関わりのダイナミクスを考えたい。

牛尾クラス

牛尾クラス

このページのトップへ戻る