Naoki Nabeshima's Web Site
Top Page 心の平和 著書 研究業績 講義 ひとこと My Poem リンク 自己紹介
リンク

龍谷大学 人間・科学・宗教 オープン・リサーチ・センター (日本語)
  CHSR
Center for Humanities, Science and Religion: CHSR (英語)
  CHSR
  2002―2006年度・文部科学省高度化推進事業としてご採択いただき、
  私たちが推進している研究プロジェクトです。どうかご支援ください

文部科学省/生命倫理・安全に対する取り組み

日本医師会
  2002年度より不思議なご縁をいただき、日本医師会生命倫理懇談会に
  臨席させていただいています。
  new!! 『医療の実践と生命倫理』についての報告 new!!
  日本医師会 第 VIII 次生命倫理懇談会 平成16年2月18日
  ※ 鍋島も委員の一人としてご縁をいただきました。

浄土真宗本願寺派社会部ビハーラ活動

ビハーラ長野

大柳満之 研究室

松井竜五 研究室

Mark Unno's Home Page

M. David Eckel

石田智秀さんホームページ
  このNabeのホームページ樹立に技術援助くださった方です。

アイビーインターナショナル
  翻訳や同時通訳・語学のスペシャリスト育成をされている会社です。
  私自身が研究の翻訳や通訳に際して、大きな力をいただいています。
  住所は京都市烏丸六角に位置しています。

University of California Berkeley (UCB)
  (カリフォルニア大学バークレィ校)
  1998-1999年にこの大学のVisiting Scholarで滞在しました。
  特に、Doe Libraryで、朝から夜まで一人ずっと勉強する時間が大切なひとときでした。
  この図書館の前には、一本の桜の古い木があり、
  3月ごろ、英語や研究に行き詰っては、その桜の下で、立ち尽くしていた思い出があります。
  黙って誰にも評価されずに咲き、散っていくその桜が、深い安らぎを与えてくれました。
  IBSでは、Dean Richard Payne先生、David Matsumoto先生, Eisho Nasu先生に
  心温まる援助をいただきました。

Graduate Theological Union(GTU)
  (総合宗教大学院 / GTU)
  GTUでは、Dr. Ronald Nakasoneという恩師にめぐり合い、
  1999年ボストン大学国際会議での発表の際には、
  手厚い指導をいただきました。
  Ronald Nakasone先生は、
  仏教の視座から医療倫理の方向性を示したり、
  福祉施設などで理事を務め、
  一人一人の人生が輝くような看取りに尽くされておられます。
  スタンフォード大学医学部でも教えていらっしゃいます。

Buddhist Studies Center
  (仏教研究センター / ハワイ大学)

Bioethics at Boston University: Human Cloning and Gene Technology
  (ボストン大学生命倫理:クローンと遺伝子操作)
  new!! 「縁起のバイオエシックス ― 人クローンに関する仏教の視座」 new!!
   ボストン大学での発表の模様をビデオで見ることができます(Real Player 使用)
   RealOne Player (無料) は 【こちら】 からダウンロード出来ます。
   (なお同じページからダウンロードできる RealOne Player Plus の方は有料ですのでご注意下さい。)

The Institute of Buddhist Studies
  (米国仏教大学院:IBS/バークレィ・カリフォルニア)
  IBSでは、Dean Richard Payne先生をはじめ、
  特に、David Matsumoto先生, EishoNasu先生に心温まる援助をいただきました。
  友人の少ない私にとって、二人の親友を得たことが、大きな実りです。


  
このウェブサイトはリンクフリーです。
リンクはTop Pageにお願いします。
リンクなさったことをお伝えいただけたら幸いです。

   バナー バナー
    ↑バナーです。よろしければコピーしてご使用ください。

トップページに戻る
このページの先頭に戻る
メール