コース制紹介

修士課程には法学コース,政治学コース,地域公共人材総合研究プログラム,アジア・アフリカ総合研究プログラムがあります。それぞれのコース、プログラムの趣旨と目的は次のとおりです。

法学コース

法学の研究能力を鍛錬し、法学研究者の育成を行うほか、法律に関する専門知識と法的思考能力を育むことで、法曹、司法書士、国家公務員、裁判所事務官(書記官)、家庭裁判所調査官、法務教官等、広く法律に関係する専門家の養成を行っています。

政治学コース

広く政治学分野に関する研究能力を鍛錬し、政治学研究者の育成を行うほか、国内政治、国際政治に対する分析と思考の能力を育み、国内また国際公務員、教員、マスコミ関係者、企業の政策担当者など国内外で幅広く活躍する人材の養成を行います。

地域公共人材総合研究プログラム

21世紀の本学の大学像とする「共生をめざすグローカル大学」の理念に沿って、自治体や市民活動など分権社会で活躍する高度専門的な資質を有する人材を育成することを目的とした修士課程プログラムです。公共政策に関する総合的な研究・学習機会を提供し、地域の行政と市民活動を架橋する実務教育を通じて、自治体職員やNPO・NGOスタッフ、地方政治家や政策提案にかかわる市民など、地域政策と分権社会を支える多様で高度な専門性をもつ人材を養成します。

アジア・アフリカ総合研究プログラム

アジア・アフリカ地域研究に特化した大学院修士課程プログラムで、法学研究科、経済学研究科および国際文化学研究科が共同で運営しています。プログラムの学生は、アジア・アフリカ地域研究に関わる科目を履修してこれらの地域に関する専門知識を修得し、政治学や経済学など専門分野の科目を履修して基礎理論を修得することで、途上国で実践的に活動できる基礎力を身につけます。地域研究と専門分野双方の学修を生かした、多様な進路が開かれます。

このページのトップへ戻る