徹底した少人数教育

法学研究科では、修士課程、博士後期課程ともに徹底した少人数教育を行い、一人一人の大学院生の研究関心と到達度に対応した丁寧な研究指導を行っています。

修士課程の多くの授業は、演習形式で行われます。法学・政治学に関する専門的なテーマについて、報告者(院生)が報告し、これに基づき担当教員を含めた参加者全員で議論します。これを通してテーマについて深く考えることができるだけでなく、高度な研究能力を身につけることができます。また、修士論文・課題研究の執筆に当たっては、指導教授からマンツーマンで研究指導を受けることができます。ただし、論文は自らでテーマを決め自らの力で執筆するものであることを忘れてはいけません。

博士後期課程では、各自が、自立した研究者となるべく、指導教授の下で研究を進め、博士(法学)の学位取得に向けて博士論文を執筆します。ここでも、指導教授からマンツーマンで研究指導を受けることができますが、自らが設定した研究テーマをより深く研究し、専門性の高い博士論文を書き上げることになります。

このページのトップへ戻る