HAMANAKA Laboratory (Middle East Politics)

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: HU説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: oldcity説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: clockhouse

 

浜中 新吾

龍谷大学法学部 教授

博士(政治学)

 612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
   龍谷大学 紫英館4階 410号室

Mail oshiro(AT)law.ryukoku.ac.jp(AT)の部分を@に置き換えてください)

 

    研究内容と業績

    研究室紹介 

    講義情報

履歴

共同研究・現代中東政治研究ネットワーク

NIHU 現代中東地域研究:AA研拠点

石油の呪い 分析再現の手引き

English Page           C.V.pdf

2018, 3, 23 update

 

新着情報

 

岡豊・溝渕正季編『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』(共著)ミネルヴァ書店 (2018)、第2章「イスラーム主義政党支持者の「穏健化」:包摂−穏健化仮説の検証」.

・「アラブ政変後のイスラーム主義と民主制の政治文化」『龍谷法学』第50巻第4(2018).

・「新しい難民支援アプローチに立ちはだかる不都合な事実」『龍谷法学』第50巻第3(2018).

“Sensitivity to Casualties in the Battlefield, Asian Journal of Comparative Politics. 3:1 (2018).

『中東・イスラーム研究概説:政治学・経済学・社会学・地域研究のテーマと理論』明石書店. 私市正年・横田貴之との共編著.

Demographic change and its social and political implications in the Middle East Asian Journal of Comparative Politics 2:1 (2017).

 

2018年度の研究活動・出張予定

International Political Science Association, 25th World Congress, Brisbane (July 21-25.)

○日本比較政治学会年次大会、東北大学(201862324)

○日本中東学会年次大会、上智大学(201851213)

European Social Science History Conference 2018, Belfast (April 3-7.)

 

2017年度の研究活動・出張予定

〇イスラエル/パレスチナの政治・経済・国際関係の総合的研究 第4回研究会, 早稲田大学(2018324)

〇トルコ共和国・国際会議および現地調査(201821722)

〇宇都宮大学国際学部「中東ウィーク」講演会 (201821516)

〇早稲田大学イスラーム研究機構・合同報告会(2018127)

Southern Political Science Association, 2018 Conference, New Orleans. (January 3-6)

〇日本国際政治学会, 神戸国際会議場(2017102729)

〇移民/難民研究会, 東京大学駒場キャンパス(2017107)

〇イスラエル大使館ミッション, 大阪大学(2017104)

〇日本政治学会, 法政大学(201792324)

〇イスラエル/パレスチナの政治・経済・国際関係の総合的研究 第3回研究会, 早稲田大学(2017916)

 

関連リンク

  龍谷大学

  日本中東学会

  日本国際政治学会

  日本比較政治学会

  日本政治学会